世界と戦うフットサル・フェス!第2回「ハワイ・フットサル・カップ」
en-US

世界と戦うフットサル・フェス!第2回「ハワイ・フットサル・カップ」

2020年2月25日   Number of views (994)  フットサルハワイ

Aloha!スポナビハワイ編集部です。

2月15~17日に第2回「ハワイ・フットサル・カップ」が開催されました。

昨年第1回の記事は、こちらから。

アマチュアフットサルチームNo1を決めるこの大会は、ハワイのローカルチームはもちろん、アメリカ本土、日本、オーストラリアから計37チームが集まり、大会は大盛り上がりでした!

コンベンションセンター

開催地はハワイ・コンベンションセンター。

数々のイベントやホノルルマラソンのエキスポが行われる施設で、近年では室内スポーツの会場としても利用されています。

全体

昨年同様、最もレベルの高いチャンピオンシップ・カテゴリーと誰でも楽しめるファンレベルのオープン・カテゴリーに加え、今年は女子チャンピオンシップ、ユースのカテゴリーも設けられました。

全体の参加チーム数も増え、会場の雰囲気も非常に活気のあるものでした。

副賞

オープン・カテゴリーはハワイと日本からチームが幅広く集まり、年代別に分かれて試合が行われました。

フットサルを楽しみながら、国際交流もあり、勝っても負けても笑顔のプレイヤーが多かったのが印象的でした。

各優勝チームには、ローカルレストラン・ショップから副賞が贈られ、「この店で打ち上げするぞー!」と喜んでいました。

アペティート・クラフトピザ&ワインバー、アロハテーブル、ジグ、ティム・フォー・ワン、ディーン・アンド・デルーカ、ファイヤーグリル・ワイキキ、ヘブンリー・アイランド・ライフスタイル(名前順)

キッズ

ユースは、U-14・15のローカルチームが集まり、家族も一緒に子供達のプレーを応援していました。

オーストラリアから来たチャンピオンシップのチームと練習試合もする事ができ、参加した子供達にはいい思い出になったのではないでしょうか?

女子チーム

女子のチャンピオンシップは、日本で行われた予選を勝ち抜いた「アルコールイリス」、カルフォルニアの「ディブファラ」、ハワイからは「ハワイ選抜」、「エクストリーム・サッカー・ハワイ」が参戦しました。

アルコールイリス

初日、2日目に予選が組まれ、最終日にアルコールイリスvsディブファラの決勝戦が行われました。

試合はお互い一歩も譲らないシーソーゲームで、会場の雰囲気もヒートアップ!

最後はアルコールイリスが勝ちこし弾を決め、3-2で優勝を決めました!

サムライFC

チャンピオンシップにはハワイ、アメリカ本土、日本、オーストラリアから計9チームが参戦しました。

どのチームも負けん気が強く、激しいバトルがコート上で行われていました。

決勝戦はハワイパシフィック大学のサッカーチーム「シャークス」vs日本から出場している「サムライFC」でした。

決勝はシャークスvsサムライFC。

一進一退の試合展開の中、終盤負けていたシャークスがパワープレーで勝負にでます。

しかし、そのスキを見逃さなかったサムライFCがさらに得点を重ね、6-3でサムライFCが優勝しました!

フラ

今大会はフットサルだけでなく、子供たちの為のキッズクリニックや、モーニングヨガ・フラ、ビーチアクティの道具レンタルなど、フットサル以外にも楽しめる要素が多く含まれていました。

この大会に出れば、フットサルだけでなく、ハワイも楽しめるイベントなのだと感じました。

バナー

第3回大会も更にパワーアップして開催される予定です。

スポナビハワイからも最新情報をお伝えしていくので楽しみにしててください。