5年ぶりの復活!『第41回まつりインハワイ』の魅力と熱狂を徹底レポート
en-US
5年ぶりの復活!『第41回まつりインハワイ』の魅力と熱狂を徹底レポート

5年ぶりの復活!『第41回まつりインハワイ』の魅力と熱狂を徹底レポート

2024年6月11日   Number of views (11309) 

まつりインハワイ パレード前の太鼓

Aloha!スポナビハワイ編集部です。

2024年6月7日(金)から9日(日)の3日間、5年ぶりに第41まつりインハワイが開催されました。

「まつりインハワイ~Pan-Pacific Festival」は、毎年何千人もの参加者を集めるハワイの大イベントです。

この祭りは1980年代に始まり、日本の経済的繁栄の時期に誕生しました。

伝統芸能、フラ、ダンス、演奏、合唱など、多彩なパフォーマンスが披露されます。

会場は、以下の場所で開催されました:

  • アラモアナセンターステージ
  • ビーチウォークステージ
  • インターナショナル・ステージ
  • クヒオビーチ・フラマウンド
  • カラカウア通り

カラカウア通りで開催されたワイキキ・カーニバル/ブロックパーティ

ワイキキ・カーニバル/ブロックパーティ

6月7日(金)、カラカウア通りではワイキキ・カーニバル/ブロックパーティが開催されました。

このイベントは、まつりインハワイの2大メインイベントの一つであり、カラカウア通りを封鎖して複数のステージが設置される巨大なイベントです。

多くの人々がステージを観覧し、出店で美味しい料理を楽しみました。

山形花笠まつりの踊りとハワイアンミュージック

山形花笠まつりの踊り

ロイヤルハワイアンセンター近くのステージでは、山形花笠まつりの踊りが披露され、皆で踊って盛り上がりました。

ハワイアンミュージックとフラのステージも大いに盛り上がり、観客を魅了しました。

ハイアット前での盆踊り(BON DANCE FESTIVAL)

ハイアットの前では櫓が建てられ、盆踊りが行われました。

参加者全員で輪になって踊り、一体感を楽しみました。

クヒオビーチ・フラマウンドでのパンパシフィック・フラフェスティバル

6月7日(金)から9日(日)の3日間、クヒオビーチ・フラマウンドではパンパシフィック・フラフェスティバルが開催されました。

このフェスティバルはクムフラ(フラの指導者)・サリー・ヨーザの監修で行われ、本場のカヒコ(古典フラ)とアウアナ(現代フラ)を楽しむことができました。

最終日のパンパシフィック・まつりパレード

6月9日(日)、フォート・デ・ルーシー~カラカウア大通り~カピオラニ公園で「パンパシフィック・まつりパレード」が行われました。

太鼓の演奏やフラ、ダンスパフォーマンスがあり、沿道の観客と一体となって盛り上がりました。

まとめ

ハワイ旅行を計画している方は、6月上旬に開催される「まつりインハワイ」をスケジュールに組み込んでみてはいかがでしょうか。

詳細は公式HPをご覧ください。

まつりインハワイ~Pan-Pacific Festival HP:公式サイト

それでは皆さん、良い旅を!