ハワイのワクチン接種事情(2021年5月31日現在)
en-US

ハワイのワクチン接種事情(2021年5月31日現在)

2021年6月2日   Number of views (618) 

ワクチン接種状況

Aloha! スポナビハワイ編集部です。

日本でも大規模接種が行われていると報道されている中、アメリカでは、新型コロナウイルスのワクチン接種が2.96億万回、必要回数のワクチン接種完了が1.36億(全体の41.4%)となりました。

ハワイ州当局は、州民の約48%が新型コロナウイルスワクチンの接種が完了していると発表しました。

ハワイCOVID-19ポータルサイト

ハワイCOVID-19ポータルサイト

ハワイ州ではCOVID-19のポータルサイト https://hawaiicovid19.com/ も開設され、ハワイでのワクチン状況 https://hawaiicovid19.com/vaccine/ を把握することができます。

ワクチン接種MAP

ワクチン接種MAP

オアフ島でのワクチン接種は、今年1月の開始時には、アロハタワーのピア2とニール・ブレイズデル・コンサートホールの2ヶ所のみでしたが、現在、約100ヶ所で接種することができるようになりました。(ワクチン提供マップはこちら https://www.oneoahu.org/find-vaccine

接種受付の可能な年齢について

接種受付の可能な年齢

年齢も引き下げられ、12~15歳の子供もファイザー製のみと限定されていますが、ワクチン接種が受けられるようになりました。

ドラッグストアやスーパーマーケットで接種可能

ドラッグストアやスーパーマーケットで接種可能

アメリカ最大の薬局チェーンの一つCSVが運営するロングス・ドラッグや、スーパーマーケットのセーフウェイ、米大手スーパーマーケットチェーンのウォルマート、会員制スーパーマーケットのサムズクラブでもワクチン接種が可能になっています。

接種希望者は、オンラインで予約することが可能です。(予約なしでもワクチンの在庫があれば接種可能)

オンライン予約

オンライン予約

ロングス・ドラッグでは、オンラインで予約することができます。

14日以内にコロナウイルス検査で陽性だったか、または、陽性の人と接触があったか、咳や熱などの症状がないか、注射が初めて(1度目)か、2度目の注射か、生年月日やZIPコード(郵便番号)を記入していきます。

続いて、日程(2回接種希望者は2回目の日時も)を選択し、氏名などの個人情報、保険加入者は保険加入情報(ID番号など)、過去の病気やアレルギーなどの質問に答えて予約が完了します。

接種当日

接種当日

ワイキキでは、カラカウア通りとルアーズ通り近くのロングス・ドラッグでも接種することができます。

接種とワクチン接種記録カード

接種

受付で予約済みであることを伝えると、担当の方が店内に設置されたブースで接種してくれます。

本当に一瞬で終了です。

接種後に渡されたカード

接種後に渡されたカードには、1回目の接種日時が記入されています。

2回目の接種時に持参します。

15分ほど待機

15分ほど待機

接種後、現場で座って様子をみるよう、待機場所が確保されています。

そこで15分待機して完了です。

予約から接種まで、本当にスムーズに接種することができます。

ハワイ州観光局公式ポータルサイト allhawaii (オールハワイ)

allhawaii

ハワイでの新型コロナ感染状況・ワクチン接種状況は、ハワイ州観光局公式ポータルサイト allhawaii (オールハワイ)で日本語でもご覧いただけます。

◎allhawaii (オールハワイ) https://www.allhawaii.jp/

◎allhawaii (オールハワイ)>旅行業界向けニュース『新型コロナ関連』一覧ページ https://www.allhawaii.jp/business/article/travel/news/genre/23/