ちょっと冒険気分!ウインドワードのビーチへ行こう
en-US

ちょっと冒険気分!ウインドワードのビーチへ行こう

2013年7月25日   Number of views (4014)  ビーチ

ALOHA♪Yossieです。
日本でもいよいよ夏休みが始まり、これからハワイを訪問される方も増えるかと思います。さて、ワイキキとアラモアナ近辺をうろうろするいつも通りのハワイではなく、今年はちょっと冒険して、あまり行ったことのない地域へレンタカーを借りて足を延ばしてみませんか?人影のほとんどないビーチ・・・といえば、そう、オアフ島のウインドワード地方(東海岸)です!

ちょっと冒険気分!ウインドワードのビーチへ行こう

青い海と白い砂の美しいビーチを誇るのは、何もカイルア・ビーチとラニカイ・ビーチだけではありません。カイルアから出てみると、オアフ島の普段あまり見ない顔が見えてきます。

ちょっと冒険気分!ウインドワードのビーチへ行こう

まずは、ハワイカイとカイルアの間に位置するワイマナロ・ビーチからスタート。ワイマナロは、H-1イーストからカラニアナオレ・ハイウェイに入り、ハワイカイとマカプウを抜ければたどり着きます。ここまでのドライブは本当に風光明媚のひとこと!

ちょっと冒険気分!ウインドワードのビーチへ行こう

どうです、この水色の海!白い砂と水が、空の青を反映してこのような色になるんでしょうか。人ごみもなく、広々としたビーチ。カイルアのように近くにお店などはありませんが、ビーチ目当てで来るんでしたら施設は十分整っています。このビーチに行くときは、マカプウ地域などの観光と合わせて、お水やスナックなどを持参するのが◎。ここから上に10分程度進むと、カイルアの街へ続くパリ・ハイウェイに出ます。

ワイマナロ・ビーチ・パーク Waimanalo Beach Park
41-741 Kalanianaole Hwy. Waimanalo, HI

ちょっと冒険気分!ウインドワードのビーチへ行こう

今回はカイルアのビーチを選択肢に入れず、そのままカイルアを抜けてカネオヘへ進みます。ホノルル市内からそのままカネオヘのカメハメハ・ハイウェイに進む場合は、リケリケ・ハイウェイ、またはパリ・ハイウェイから行くことができます。こちらはカネオヘ湾の端に位置するクアロア・リージョナル・パーク。

ちょっと冒険気分!ウインドワードのビーチへ行こう

有名なクアロア・ランチの向かいに位置する広々とした公園です。ここからは山側にコオラウ山脈、海側にチャイナマンズ・ハットが見え、記念写真撮影に最適。水も透明ですが、あいにくこの日は曇りがちでした。水の中には小さな岩や藻が多く、遊泳というよりも、ビーチでのピクニックやアクティビティを楽しむのに向いている場所ですね。遠くには、チャイナマンズ・ハットを目指してか、カヤックにチャレンジしている人たちが見えました。

クアロア・リージョナル・パーク Kualoa Regional Park
49-479 Kamehameha Hwy. Kaneohe, HI

ちょっと冒険気分!ウインドワードのビーチへ行こう

クアロア近辺を抜けて次に見えてくるのがカアアヴァ・ビーチ・パークです。ここには大きな駐車場はないので、道沿いの駐車可能なスペースに車を停めましょう。ただ、駐車禁止の標識に注意してくださいね。小さなコミュニティにあるひっそりとしたビーチですが、横長に広く、水もとってもきれいで遊泳にも向いてそうです。

ちょっと冒険気分!ウインドワードのビーチへ行こう

どうです?ワイキキの喧騒とはかけ離れた、白砂が広がる静かで美しいビーチ。とってもロマンチックな雰囲気ではありませんか!小さいパークなので番地が見つかりませんでしたが、カネオヘからライエに上がっていくカメハメハ・ハイウェイの右側に見えてきます。

カアアヴァ・ビーチ・パーク  Kaaawa Beach Park
Kamehameha Hwy., Kaaawa, HI

ちょっと冒険気分!ウインドワードのビーチへ行こう

カアアヴァを抜けた後も数々のビーチ・パークが続きますが、あまり変化がないため次のストップはオアフ島最北東部の町、ライエです。ここは、ポリネシア・カルチャー・センターがあることで有名ですね。ここまで来るとコオラウ山脈が遠のくため、天候もノースショアに近くなって乾燥気味になり、青空が広がります。

ちょっと冒険気分!ウインドワードのビーチへ行こう

ライエにあるビーチでまずおススメするのが、ここ「ココロリオ・ビーチ・パーク」。オアフに長年住んでいる私でさえ聞いたことのなかった(笑)とっても広く、水もきれいな穴場ビーチです。

ちょっと冒険気分!ウインドワードのビーチへ行こう

駐車場からまず林が見え、そこを抜けると広がる白い砂浜、そして青い空と海!平日だったので無理もないですが、ほとんど人もおらず、ローカルの家族連れが何人かのんびりしているだけ。週末になると、多分地元の家族連れでもう少し賑わっているかもしれませんね。ここで1日のんびりするなら、飲物、スナック、ランチなどをあらかじめ用意してきましょう。ウインドワード地域は概して、付近にお店がありません。

ココロリオ・ビーチ・パーク Kokololio Beach Park
55-017 Kamehameha Hwy., Laie, HI

ちょっと冒険気分!ウインドワードのビーチへ行こう

さて、ココロリオ・ビーチ・パークを出て目に入ってきたのが、「フキラウ・ビーチ」と書かれた可愛らしい木彫りの看板です。予定には入っていなかったのですが、ちょっと立ち寄ってみることにしました。

ちょっと冒険気分!ウインドワードのビーチへ行こう

この看板にある説明によると、ここでは1948年~71年まで、付近にあるモルモン教会再建の資金集めのために、観光客を招いて「フキラウ」、すなわちハワイの伝統引き網漁業のショーを行っていたとのことで、ビーチの名前はそこから来ているそうです。

ちょっと冒険気分!ウインドワードのビーチへ行こう

ビーチに出てみると、この通り!白砂に透明な水が素晴らしいビーチでした。ビーチの歴史のせいか、ここは他のビーチよりも名が知られているようで、観光客の方々もチラホラ。それでもこの広いビーチ、十分独り占め気分になりますよね。小さなビーチ・パークなので番地が見つかりませんでしたが、写真の看板を目印に行ってみてください。

フキラウ・ビーチ・パーク Hukilau Beach Park
Kamehameha Hwy., Laie, HI

ちょっと冒険気分!ウインドワードのビーチへ行こう

さて、最後はここマラエカハナ州立レクリエーション・エリア(保養所)です。こちらは州が管理する広大なビーチ・パークで、キャンプ場や宿泊可能なキャビン(有料)もあります。ビーチも広くきれいですが、やはり平日は人があまりおらず、ちと物寂しげな感じは否めません。

ちょっと冒険気分!ウインドワードのビーチへ行こう

白砂が広がるビーチと水色の海はこの通りの美しさ!静かなビーチで、家族や友人と1日を楽しみたい、という方にはここまで遠出する価値もあるのではないでしょうか。ただ、駐車場がひっそりとしていてビーチからも見えないので、貴重品は持ってこない、または車内に残さないように注意しましょう。

マラエカハナ州立レクリエーション・エリア  Malaekahana State Recreation Area
56-335 Kamehameha Hwy., Laie, HI




普段は地元住民さえあまり行くことのないウインドワードのビーチ、取材した私もその美しさにびっくりしました。今年の夏は勇気を出して、いつものワイキキを出てウインドワードのドライブを楽しんでみませんか?ロードトリップ気分を味わえて、忘れられないハワイの思い出になると思います。

2013年7月25日公開