ハワイ諸島5+2大マラソン :: JALホノルルマラソン
en-US

JALホノルルマラソンは、全米4大マラソンの一つとして数えられ、世界で6番目に参加者の多いマラソンです。スタート時の花火や、エイドステーションでのフラの応援などお祭り要素が多く毎年参加するランナーも多いイベントです。また、満7歳以上から参加でき、時間制限がないことから世界一の市民マラソンと呼ばれています。日本事務局サイトはこちらから。

オアフ島

JALホノルルマラソンはオアフ島のホノルルが舞台。
フルマラソンの他、フルマラソン車椅子競技部門、10K ラン&ウォーク、カラカウア メリーマイルは、アラモアナ公園をスタートし、誰もが知っているワイキキビーチ、ダイヤモンド・ヘッド、そしてカピオラニ公園でゴールします。

ダニエル・K・イノウエ国際空港からワイキキまでは約10キロ。 空港からホテルまで直行で行けるシャトルバスは便利な交通手段のひとつ。ワイキキのホテルまでは渋滞なしで約40分をみておけばよいでしょう。
空港からタクシーもしくはUberを利用することができます。渋滞なしで約20分程度。
※参考URL:https://www.aloha-street.com/article/2019/01/304754/
やはり一番簡単なのはレンタカー。ダラーレンタカーなら日本語で保険付きのプランがお得です。

スポナビハワイでは、スカイダイビング、サーフィン、ゴルフなど、ハワイで人気のオプショナルツアーをご用意しています。
http://www.sponavihawaii.com/activity

オアフ島の観光スポット50選|ハワイ旅行で訪れたい観光・ホテル・グルメ情報
ハワイと言えば、どんな景色を想像しますか?
美しいビーチ、魅惑的なホテル、舌鼓を打つ絶品グルメ・・・それらの多くは「オアフ島」、それも「ホノルル」の集約されていると言っても過言ではありません!
州都であるホノルルを擁(よう)するオアフ島は、数えきれないほどの観光スポットに恵まれ、政治・経済・観光の中心として世界中から愛され続けています。


大会スケジュール

2019年12月7日

カラカウアメリーマイル(1マイル:1.6km) 7:00/クーンズビーチ

2019年12月8日

[ レースカテゴリー ]
フルマラソン 5:00 / アラモアナ
レースデーウォーク(10K) 5:25 / アラモアナ

[ 表彰式 ]
フルマラソン 13:00 /カピオラニ公園

種目・表彰

種目(制限時間)

・フルマラソン(なし)
・レースデーウォーク(なし)
・カラカウアメリーマイル

表彰

・フルマラソン 男女各上位3名
・フルマラソン 男女各年齢別上位3名
・フルマラソン チーム部門上位3チーム
・フルマラソン 車椅子部門上位3名

2018年度参加者数

・フルマラソン 20,350名

2018年度優勝タイム

・男子 2時間09分01秒
・女子 2時間36分22秒

スポナビアシスト
大手旅行会社が専用ツアーであらゆるサポートを行っているため、スポナビアシストを実施しておりません。
コース
ハワイ諸島5+2大マラソン ハワイ諸島5+2大マラソン
大会レポート
JALホノルルマラソン2019最新情報
JALホノルルマラソンに向けて準備...
Kazuki感動!JALホノルルマ...

Kazuki感動!JALホノルルマ...

あっという間のホノルルマラソンでした。スタートラインに立った時は、本当に感動してしまいました。...
Kazukiがアドバイス!JALホ...
JALホノルルマラソン2018最新情報

JALホノルルマラソン2018最新情報

12月9日(日)に開催される「JALホノルルマラソン」は、ホノルルで行われるビッグイベントの1...
オアフ島について

オアフ島は、アメリカ合衆国ハワイ州の島で、ハワイで3番目に大きい島であり、首都ホノルル市があります。人口はハワイ州最大で907,574人(2009年)、州全体の8割がこの島に住んでいます。州庁もあり、政治・経済・観光の中心となっています。
島の南岸東寄りのホノルルに主要施設が集中し、ホノルル国際空港や港湾もここにあり、隣島への乗り継ぎの拠点となっています。ワイキキにはホテル・コンドミニアムやショッピングセンター等が林立し、世界有数のリゾート地帯となっています。

東岸はウィンドワードと呼ばれる風光明媚な海岸で、北岸はノースショアと呼ばれ、冬季には高波が打ちつけるサーフィンの名所となっており、世界各地からサーファーが訪れるとともに大会等も開催されます。
島内の交通は主として自動車が使われ、地元住民は原則として自家用車か公営バスを利用します。また、ワイキキ周辺を中心にタクシーもあります。ホノルル中心部を拠点として、複数の州間高速道路が整備されています。
ホノルル国際空港からは、アメリカ本土のほか、日本や中国、オーストラリアなどの環太平洋の都市、ハワイ諸島間の航空路があり、頻繁に運航されています。また、ホノルル港は外洋クルーズ船の寄航地としても知られています。