JAL自転車無料運搬サービスFAQ
en-US
よくあるご質問

 締切後の料金(通常料金)、 重さ、サイズがオーバーする場合の超過料金はいくらですか?

自転車は「サイズ超過料金」となりますので超過荷物料金についてはJAL公式ウェブサイト(下記URL)にてご確認ください。

http://www.jal.co.jp/inter/baggage/checked/

 羽田発ハワイアン航空の便(コードシェア便)はJAL便としてサービスが適用されますでしょうか?

ハワイアン航空(HA)とのコードシェア便については本キャンペーンの対象外となります。

 オーストリッチ社製の「トラベルバッグ」OS-500をケースとして利用できますか?

はい。ご利用いただけます。

 ケースにウェアーやヘルメットなどを一緒に梱包できますか?

ヘルメットやシューズ、ウェアーなどでしたらご一緒に梱 包いただけます。(酸素エアーボンベを除く)
但し、上手く梱包されていない場合は自転車の破損につながる事もございますので梱包には十分ご注意ください。また破損した場合は、一切責任は負いませんのでご了承ください。

 帰国日が期間外ですが、往路だけ利用できますか?

はい。ご利用いただけます。

 変速機のリチウム電池は自転車と一緒に梱包しても大丈夫でしょうか?

変速機に使われるリチウム電池は自転車と一緒に梱包して問題ないかと思いますが、下記が機内持ち込み、またお預けになれる荷物の規定となりますので、念のためご確認してください。

リチウム電池またはリチウムイオン電池を内蔵した電子機器(腕時計、計算機、カメ ラ、携帯電話、パソコン、ビデオカメラ等) 内蔵される各々の電池の容量が以下の 容量を超えないもの
・リチウム電池はリチウム含有量が2g以下のもの
・リチウムイオン電池はワット時定格量が160Wh以下のもの

 自宅から空港までの運搬方法は?

このサービスは飛行機に自転車を載せる際に発生するサイズ超過料金が無料になるサービスですので、陸路での運搬はお客様ご自身で行って頂く形になります。宅配業者様にお問合せください。

 国内乗り継ぎ便について

基本はJAL国内線であれば無料にて運搬いたします。小型機の場合は運送できない場合もあります。その場合は別途ご相談ですが、宅配便にて国際空港までご送付いただくことになります。


 ホノルル空港からホテルまでは運搬してもらえますか?

このサービスは飛行機に自転車を載せる際に発生するサイズ超過料金が無料になるサービスですので、陸路での運搬はお客様ご自身で行って頂く形になります。ホノルル空港からバンサイズのタクシーをご利用ください。(ツアーでお申し込みの方は、ツアー内容に含まれている場合もありますので、ご利用の旅行会社にお問い合わせください。)


 ホノルル空港内に自転車を保管出来るサービスはありますか?

ございません。

 自転車タイヤ用酸素エアーボンベ(エアーポンプ)は、預け入れ・受託ともに不可になっていますが、 このエアーポンプというのは、ガスなどが含まれてなくスーツケースに収まるサイズのいわゆる通常の空気入れも不可ということでしょうか?

「CO2ボンベ」のことになります。下記URLを参照ください。
http://www.jal.com/ja/safety/airport/baggage.html※品目「酸素または空気ガスシリンダー(ボトル)」
ガスなど含まれてなくスーツケースに収まるサイズの「空気入れ」であれば、スーツケースに入れて受託手荷物にしていただいても問題ございません。

 今回の無料運搬で運んでもらう自転車は、「無料で受け付けてもらえる受託手荷物預け」とは別でしょうか?

このサービスを利用することで、通常は超過料金を払わななければならない受託手荷物=自転車を通常の受託手荷物の無料分の1つとして超過料金を払うことなくお預けいただけます。
(例)
●受託手荷物がエコノミーの場合は2個(1個:23キロ、3辺合計203㎝以内)が無料です。
(ファースト・ビジネスクラスは3個まで)※参照URL:https://www.jal.co.jp/inter/baggage/checked/
●仮に受託手荷物がスーツケース1個&自転車1台で計2つの場合は、お2つとも無料で預けたいところですが、自転車は3辺合計が203cmを超えますので、そもそも超過料金をお支払いいただかないとお預けいただけません。
→本サービスを利用することで、通常は超過料金を払わななければならない受託手荷物=自転車を通常の受託手荷物の無料分の1つとして超過料金を払うことなくお預けいただけます。