スポナビハワイ:サイクリング
en-US

おススメ記事

ハワイの風を感じながらツーリング

爽やかな風を感じることができるのが、ハワイでのサイクリングの醍醐味。ホノルルセンチュリーライドやハレイワ・メトリックライドなど地元サイクリストと一緒に大会に参加したり、ロードバイクやマウンテンバイクをレンタルして普段行けないところまで足を伸ばしてみるのも新し旅の楽しみ方かもしれません。

ハレイワ・メトリック・センチュリー・ライド2020

【JAL自転車無料運搬サービス受付準備中】
 スポナビアシストとは?
 関連記事はこちら

今年で29回目となる本大会は、オアフ島ノースショアで行われます。去年からカエナポイント方面のコースが追加され、よりノースショアの風景を楽しめるようになりました。

ハレイワの町並みやサーフィンのメッカとなっているパイプライン、エビの養殖で有名なカフクなどを駆け抜けるコースは、海岸線を走り、美しい景色が続くためサイクリストを飽きさせません。

最長距離100kmを走るコースは、ハウウラビーチパークで折り返し、スタート地点のカイアカベイビーチパークまで戻ります。

30km, 50km, 80km,100kmなど距離を自分で選ぶことができるので、女性や子供のサイクリストも多く参加するファミリー参加型のイベントです。

ホノルル・センチュリーライド2020[外部受付]

 JAL自転車無料運搬サービス(受付)
 関連記事はこちら
【レンタルバイク受付】
【ワイキキのサイクル専門店】
ハワイ最大のサイクリングイベント「ホノルル・センチュリーライド」は、タイムを競い合うレースではなく、自分の好きな距離を走ることができるファンライド。小さなお子様と楽しみたい方は20マイル(32km)や25マイル(40km)がおすすめです。もうちょっと遠くまで行きたい方は40マイル(64km)、50マイル(80km)、75マイル(120km)と選べます。そして最長距離の100マイル(160km)はクアロアランチ近くまで走ってで折り返します。50マイルでエントリーしていても、もっと走れそうなら75、100マイル走っても大丈夫!家族や仲間達とハワイでのサイクリングを楽しめます。
※こちらのイベントのエントリーはスポナビハワイでは受け付けておりません。 スポナビハワイではレンタルバイクを受け付けております。エントリーや お問合せなどは主催者に直接お願いします。
【主催者ホームページ】

ディック・エバンス・ロードレース2020(経験者向け)

 スポナビアシストとは?
 関連記事はこちら
このレースは、ロングディスタンストライアスロン・アイアンマンの自転車コースのアイディアとなったレースで、オアフ島1周112マイル(180km)を駆け巡るタイムトライアルです。コースはオアフ島東側ハワイカイからスタートしダウンタウン、パールハーバー、ノースショア、カネオヘを経てオアフ島を時計回りに回ります。参加者は100名弱と小規模ですが、トップ集団は白バイが先導してノンストップでオアフ島を一周します。途中パンクやトイレなどで脱落すると追いつけないくらいの速さです。自分のペースで参加も可能ですが制限時間は8時間。平均25-30kmで8時間走れるレベルの上級者向けとなっています。
ー基本プランー
●自転車とご本人の送迎つき

ーオプションー
・レンタルバイク
・フルサポートプラン4名以上のチームでのご参加・前日コース下見+自転車とご本人の送迎つき 1名$500

イベント参加の際は是非JAL便をご利用ください。自転車運搬サービスを適用させていただきます。ご希望の方はメールでお問い合わせください。

大会エントリー

新着おすすめ記事

ショップ
ワイキキの新しいベース基地(自転車専門店)!バイカデリック・ハワイ

バイカデリック・ハワイは、ワイキキの中心地(インターナショナルマーケットプレイス山側近く)クヒオ通りに2019年7月に移転し、主にレンタルバイク、ワイキキ近郊の観光ツアーを実施しています。この度スポナビハワイとパートナーシップを結び、日本から訪れるサイクリスト、トライアスリートの皆さんにご紹介し、ワイキキにあるサイクリストのベース基地としてサービスの拡充を予定しています。

マイバイク(自分の自転車)を持ち込んで、ギアシフトやブレーキなどのチューンアップ($25)もスポナビハワイのクーポンをもっていくと$5割引きの$20で対応してくれるので、とても便利です。

人気の記事