ハワイ州のトレイルサイト「ナ・アラ・ヘレ」攻略!
en-US

ハワイ州のトレイルサイト「ナ・アラ・ヘレ」攻略!

2013年5月16日   Number of views (3435)  ナ・アラ・ヘレ・トレイル&アクセス・システム

ALOHA!Yossieです。
スポナビハワイでも頻繁に特集を組んでいるハワイの「トレイル」。私は行く前に必ず、インターネットでトレイルを事前に調査して、距離さや標高差、付近の地図やトレイル口への行き方などを確認していきます。

ハワイ州のトレイルサイト「ナ・アラ・ヘレ」攻略!

様々な人がトレイルの紹介をしていますが、私はハワイ州政府の土地・天然資源局、森林野生動物課が運営している「ナ・アラ・ヘレ・トレイル&アクセス・システム(Na Ala Hele Trail & Access System)」を利用しています。

ハワイ州のトレイルサイト「ナ・アラ・ヘレ」攻略!

なんといっても、やはり政府が運営しているサイトなので、信用できますし、トレイルの管理なども現場で行っているので安心です。州の土地・天然資源局、森林野生動物課はここマキキ・ハイツ丘の上に位置しています。

ハワイ州のトレイルサイト「ナ・アラ・ヘレ」攻略!

ここが、土地・天然資源局、森林野生動物課の建物です。ナ・アラ・ヘレはここで作られていて、ここにはトレイル・スペシャリストの方などがいらっしゃいます。こんな空気のいい緑の中で仕事できるなんて、本当に幸せですね。

ハワイ州のトレイルサイト「ナ・アラ・ヘレ」攻略!

付近のものを始め、ハワイのトレイルについて分からないことがあれば、ここで何でも尋ねることができます。そのうえ、無料でもらっていけるトレイルガイドやマップなどがあるので、何枚かピックアップ。さて、付近を散策しましょう!

ハワイ州のトレイルサイト「ナ・アラ・ヘレ」攻略!

建物のすぐ近くには、トイレや水飲み場などの設備が整っています。そしてマキキ・バレーの水源やナ・アラ・ヘレのプログラムに関する説明などの看板があり、その先に行くと2つのトレイル「マウナラハ・トレイル」と、「カネアロレ・トレイル」に続くトレイル口が見えてきます。しばらく行くと道が上下に分かれており、上に行くとマウナラハ・トレイル、下に行くとカネアロレ・トレイルが続いています。今回は、カネアロレ・トレイルを散策することにしました。

ハワイ州のトレイルサイト「ナ・アラ・ヘレ」攻略!

カネアロレ・ストリームという小川の傍を歩く、整備された緩やかなトレイルです。緑が生い茂っているので、蚊に刺されないようにあらかじめ虫除けスプレーを用意して行きましょう。0.7マイル、およそ1.2kmの風光明媚なトレイルで、初心者でも十分楽しむことができますよ。しかし、サイトによると、周辺では現在野生の豚の数をコントロールするために、毎週水・日曜日に狩猟犬を使った狩りが行われているそうですので、その日は避けてプランしましょう。

ハワイ州のトレイルサイト「ナ・アラ・ヘレ」攻略!

トレイルを歩き始めてすぐ、ハワイアンの主食として使われる、タロの小さな水田がありました。清々しい光景ですね。この周辺では、ハワイの原生植物を保護する努力が行われているようです。

ハワイ州のトレイルサイト「ナ・アラ・ヘレ」攻略!

このトレイル傍にあるカネアロレ・ストリームです。しかし、澄んだ水が美しい小川に見えても、通称「レプト(Leptospirosis)」と呼ばれるこわ~い感染菌が潜んでいることがありますので、川遊びはやめてくださいね。

ハワイ州のトレイルサイト「ナ・アラ・ヘレ」攻略!

川向こうに続く小さな橋を渡って更に行くと、絶滅危機に瀕しているというハワイの原生植物が植えられています。こちらの椰子は「ロウル(Loulu)」といい、古くはハワイアンが屋根葺き用に使っていたということです。何かと、勉強になりますね。

ハワイ州のトレイルサイト「ナ・アラ・ヘレ」攻略!

前述したとおり、ここにはカネアロレ・トレイルとマウナハラ・トレイル、そしてマキキ・バレー・トレイルという3つのトレイルがあります。その3つを合わせて、ご覧の通り「マキキ・バレー・ループ・トレイル」と呼ぶそうです。次回、ぜひチャレンジしてみたいです。

今回はこの州土地・天然資源局を訪れたことで、家から10分程度の場所にこんな素敵なトレイルがあったことを発見した嬉しい一日となりました。遠くに行かなくてもこうやって大自然を楽しめるのは、さすがにハワイですよね。今日はトレイルを最後まで歩く十分な準備をしていなかったので、ナ・アラ・ヘレのサイトで勉強後、また来週にでも訪れてみようと思います。

Kanealole Trail
距離:0.7マイル(約1.1km)
標高差:600フィート(約183m)
往復所要時間:約1時間

2013年5月16日公開