女子旅におススメ!ハワイの絶景を楽しむガールズカヤック
en-US

女子旅におススメ!ハワイの絶景を楽しむガールズカヤック

2018年7月24日   Number of views (556)  シュノ―ケルカヤックオプショナルツアー

Aloha! Eriです。

夏休みシーズンに大人気のツアー『カネオヘ湾沖に浮かぶサンドバー・サンドエリアでカヤック&スノーケルBBQランチ付き』。

人気観光地サンドバーで、ハワイの大自然を感じることの出来る充実のツアー。

前回のメンズカヤックツアー「 オトコたちでもメチャ盛り上がる!~アクティブ派メンズカヤック&シュノーケリングのススメ~」に引き続き、今回は女子だけのガールズカヤックツアー体験に行ってきましたので、レポートします。

徹底取材シリーズ!ハワイで子供も楽しめるビーチ特集

送迎付きのツアーでは、ワイキキ&アラモアナ周辺であればホテルまでバンで送り迎えしてくれます。

可愛らしいブルーのデザインざれたバンは、迷うことなくすぐに発見できるでしょう。

この日は、マネージャーのアンディがお出迎えしてくれました。

日本語勉強中のアンディは、車の中でも「暑いですか?」とカタコトの日本語で気遣ってくれます。

徹底取材シリーズ!ハワイで子供も楽しめるビーチ特集

ヘエイア州立公園に到着すると、まず建物の中にオフィスがあるので向かいます。

ツアーが始まる前に契約書にサインします。

徹底取材シリーズ!ハワイで子供も楽しめるビーチ特集

オフィスを出た後は、日本語ガイドのTomoさんがフラの聖地&ヒーリングスポットでもあるカネオヘ湾を見渡しながら、カネオヘ湾の環境や海洋生物とハワイとの関係をガイドしてくれます。

ガイドしてくれたTomoさんは、2005年からハワイに住んでいて、3年間ほどモロカイ島で住んでいたこともあるワイルドな大自然の達人です。

カヤックを楽しむだけでなく、今まで知らなかったサンゴの話や大自然の歴史など知ることでよりカヤックを楽しむことが出来ます。

公園内には、珍しい植物や花も咲いておりTomoさんが丁寧に解説してくれます。

30分ほど散歩しながら回りますが、風が心地よく、美しい眺めにガールズたちも興奮気味。

テンションの高さにTomoさんも少々驚いていました。

徹底取材シリーズ!ハワイで子供も楽しめるビーチ特集

さて、カヤックの準備に入ります。

このオレンジ色ののバックはドライバックという防水バックで、カヤックに必要なカメラや携帯、タオル、日焼け止めなど入れておくことが出来ます。

徹底取材シリーズ!ハワイで子供も楽しめるビーチ特集

このツアーにはBBQランチが付いているので、カヤックを行う前にランチを頂きました。

陽気なスタッフさんがBBQをしてくれて、「どんどん食べてね~」とおススメしてくれます。

BBQではリブ、チキン、ビーガンハンバーグ、コーンと種類も豊富に用意されています。

徹底取材シリーズ!ハワイで子供も楽しめるビーチ特集

プレートいっぱいに盛り付けて、ランチを頂きました。

BBQの他にも野菜、フルーツが食べ放題なので女性には嬉しいポイントです。

初めてビーガンハンバーグを頂きましたが、味はカレー味のするハンバーグ。

肉を使ってないのにも関わらず、ボリュームはかなりありました。

リブステーキが特におすすめで、遠慮なくおかわりさせて頂きました。

徹底取材シリーズ!ハワイで子供も楽しめるビーチ特集

おなかもいっぱいになったところで、カヤックのボートが置いてある岸に歩いて向かいます。

行く途中で可愛らしいピンクのプルメリアの木を発見。

徹底取材シリーズ!ハワイで子供も楽しめるビーチ特集

カヤックボートの置いてあるすぐ横の建物には、貴重品を入れる鍵付きBOXが用意されており、荷物や貴重品もこのBOXの中に収納しておきます。

かなり大きいBOXなので荷物が多くても大丈夫です。

徹底取材シリーズ!ハワイで子供も楽しめるビーチ特集

カヤックに乗る前に、Tomoさんからカヤックの漕ぎ方や注意点の説明を受けます。

今回ほぼ未経験の私とMoe、そして経験者Arisaが挑戦します。

「今日は強風で進むのが大変ですけど、大丈夫ですか?」と何度もTomoさんから確認がありましたが、体力には自信のある3人なのでやる気満々で臨みました。

レクチャーで学んだポイントとしては、腕を使うのではなく、上半身全体を使ってバーを動かし軸をぶれないように足の力で踏ん張ること。

つまりカヤックは、腕だけでなく全身運動ということですね。

徹底取材シリーズ!ハワイで子供も楽しめるビーチ特集

カヤックに乗る時のおススメの格好ですが、水に濡れてもいい、動きやすい服装がベストです。

日焼け防止のために水着の上にラッシュガードやレギンスを履くことお勧めします。

ライフジャケットは、借りる事が出来るので着用しました。

靴は、サンゴや岩など海の中にはけがをしやすいところもあるのでリースシューズを履いていると良いです。

もちろんシュノーケルやフィンは貸してくれます。

徹底取材シリーズ!ハワイで子供も楽しめるビーチ特集

さっそく、カヤックに乗り込みパドリングスタート。

カヤックはソロ(一人用)とタンデム(二人用)がありますが、安定性の高いのが2人用なので初心者には2人用がおすすめです。

この日は、強風だったこともあり2人用を選択。

陸や島との接点がなく独立して島のように存在しているパッチリーフのベストスポットへ、Tomoさんが誘導してくれます。

パドリングは始めはなかなか難しいですが、すぐに慣れていきます。

私は経験者Arisaとペアになり、Tomoさんも驚くほど的確な指示をくれました。

徹底取材シリーズ!ハワイで子供も楽しめるビーチ特集

サンドのエリアにつくと、ボートから降りてシュノーケル開始です。

スカイブルーの透き通った海の中に潜ると、深い海の底まで見渡すことができとても気持ち良かったです。

1時間程パドリングで使った体力がここで一気にほぐれます。

徹底取材シリーズ!ハワイで子供も楽しめるビーチ特集

サンゴのまわりをTomoさんに付いていきながら、鑑賞していきます。

Tomoさんはペースや体力を伺いながら進めてくれるので、泳ぎが苦手な方や体力がない方でも問題なしです。

海の中には、手の平サイズの可愛いお魚たちをたくさん見ることが出来ます。

運が良ければ、ウミガメやマンタも観ることも出来るそうです。

徹底取材シリーズ!ハワイで子供も楽しめるビーチ特集

砂がたまり潮の満ち引きで、海面の高さが腰から踝まで変わるそうで、抜群の撮影スポット。

最高の景色のもとでの記念撮影は、素敵な旅の思い出になるでしょう。

透き通る海と目の前に広がる壮大な山々は、誰もが感動すること間違いなしです。

徹底取材シリーズ!ハワイで子供も楽しめるビーチ特集

シュノーケルが終わると、岸に戻り着替えをします。

3台のシャワーや着替えスペースも用意されているので、利用させて頂きました。

徹底取材シリーズ!ハワイで子供も楽しめるビーチ特集

カヤックは、少し難しいイメージもありましたが、このツアーではしっかりとパドリングの説明やサンゴ礁の説明などしてくれるので初心者の方でも安心して参加することが出来ます。

さらに美しい景色やシュノーケルも楽しめるので大満足のツアー内容です。

女子だけで行くガールズツアーも良いですが、もちろん男性同士やご家族にもオススメなので、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか?