en-US

ハワイでランニングを楽しもう Part1

2017年10月18日   Number of views (24331)  ハワイ諸島5+2大マラソン

ALOHA! A-1です。JALホノルルマラソンまであとわずかになりましたね。ハワイでも練習に励むランナーの姿が、さらに増えてきましたよ。さて今週は、JALホノルルマラソンはもちろん、他のレースに出場する方や、また旅行でハワイに来た時にちょっとジョギングでもしようかなという方にはお役立ちのローカル情報を特集したいと思います。是非ハワイへ旅行する際は、シューズを一足持ってきてくださいね。
JALホノルルマラソン情報

基本情報

ハワイでランニングを楽しもう Part1

1.走りやすい時間

ハワイは、やはり常夏の島。朝5時から20℃前後の気温で、昼は30℃近くになります。日中高くなる気温を考慮して、ローカルのランナーたちが練習するのはだいたい朝の涼しい時間か、夕方のサンセット頃の時間。10月のサンライズはだいたい6時30分で、サンセットは18時10分頃。またハワイでは年中、北東からトレードウィンズという風が吹いています。まだ暗いうちに島の東側で雨を降らせた後、西側のワイキキエリアに届く風は、とてもドライで爽やか。ぜひ皆さんも朝早起きして、涼しい時間に走ってみてください。もちろんサンセットに合わせて走るのも、ハワイならではの美しい夕日が見れるのでオススメですよ。

2.持っておいたほうがよいもの

携行品は、日本でもハワイでもだいたい似たようなものでしょうし、個人の嗜好によると思いますが、旅行者が慣れないハワイで走る場合には、下記を持っておくとよいかもしれません。
帽子とサングラス:昼間だけでなく朝日や夕日は結構まぶしいもの。用意しておけばもっと景色が楽しめます。
現金:$10持っているだけで、ちょっとしたドリンクなどを買うことができますし、最悪バスやタクシーで帰ってくることも可能です。安心料だと思って、ぜひ持っていてください。(注:バスは$2.50丁度でないと乗れません)
パスポートと保険のコピー:怪我や事故に絶対にあわない保証はありません。万が一のために、身分証明ができるものと治療請求が簡単にできる傷害保険のコピーなどは持っていたほうがより安心です。
その他、持てる余裕があったら携帯電話やカメラなどもあると便利だと思います。

3.注意したいこと

短時間のジョギングであれば、あまり必要ないかもしれませんが、結構距離を走ったり、ゆっくりでも時間をかけて走る場合は、給水と日焼け対策が大切です。 。爽やかな風は、暑さとともにどんどん体の水分も奪っていきます。のどが渇き始める前に、ひとくちでも水分を補給しましょう。ハワイの公園にある水道は、十分飲料水として飲めますので安心です。それから、日焼け止め。顔や腕に塗るのは基本ですが、長時間走ったり歩く場合は、首の後ろや肩、ふくらはぎなど体の裏側にも塗ることを忘れないでくださいね。

4.楽しめること

カメラを持って走りましょう!!真剣に走るのも楽しいですが、ハワイでのジョギングでは、ぜひ景色を楽しんでください。一人で走っていても、地元の人にお願いすれば気軽にシャッターを押してくれるはず。コース近辺のお店に行ってみよう!!のどが乾いたらコース近くのお店でスムージーやアサイボウル、またお腹がすいたらプレートランチやスイーツで腹ごしらえ。その他、ランニングショップを除いてみたり、KCCの朝市に寄ってみたり、楽しみ方は走るだけではありません。皆さんの好みにあわせて、ハワイのランニングをエンジョイしてください!!

お勧めランニングコース

知らない土地で走るのは楽しい反面、不便だったりしますよね。車や障害物が多いコースはジョギングには向いていませんし、できればトイレや給水できる場所があるほうが安心です。また一般的に治安がいいハワイといえども、地元のランナーたちが好んで走るコースを選べば、余計な心配もいりません。スポナビハワイでお勧めするジョギングコースを、以下にご紹介しましょう。

ワイキキ・イーストコース(1周3.7キロ)

ハワイでランニングを楽しもう Part1

ワイキキの東、ホノルル動物園前からスタートし、海沿いの遊歩道を走りながらカピオラニ公園を1周するコース。目の前の海を見ながら、地元の人や観光客など多くの人がジョギングをしたり散歩を楽しんでいます。ペアで一緒に走るのものよし、走りたい人、歩きたい人が一緒に楽しめるコースでもあります。

ワイキキ・ウエストコース(1周3.8キロ)

ハワイでランニングを楽しもう Part1

ワイキキの中心DFSギャラリア付近からスタートし、西のプリンスホテルで折り返す周遊コース。ヒルトン・ホテルのワイキキ側にあるフォート・デ・ルシー・ビーチには、砂地だけでなく遊歩道もあるので走るのも快適。近くてもあまり知られていない、フォート・デ・ルシー公園の中も走ってみてくださいね。

アラモアナ公園コース(1周4.2キロ)

ハワイでランニングを楽しもう Part1

このコースは、東京でいえばハワイの皇居コースといっても過言ではないくらい、ローカルランナーが一番多い場所ではないでしょうか。公園内なので車をほとんど気にすることなく走れ、そしてなんといっても美しい海の景色があるからでしょう。トイレや給水ポイントも多いので、いつでも気軽に走れます。サンセットがオススメかな。

アラワイコース(1周5.5キロ)

ハワイでランニングを楽しもう Part1

観光で来る人にはあまり知られていないコースですが、ちゃんとしたジョギングコースです。上記3つに比べると景色はイマイチないですが、アラワイ運河(アラワイ・ストレート)を走るのはまさにローカルスタイル。距離を走りたいランナーには、おすすめのコースです。

ダイアモンドヘッドコース(1周7.5キロ)

このコースは、距離とちょっとした負荷が必要なランナーにおすすめです。ワイキキの東、ホノルル動物園前からスタートしますが、モンサラット通りからKCC(カピオラニ・コミュニティー・カレッジ)までは緩やかな坂。1周の距離も長いので、トレーニングにはぴったりです。

ハワイを走ろう!マラソン&ハーフマラソン

ハワイを走ろう!マラソン&ハーフマラソン

ハワイ諸島では、JALホノルルマラソン以外にも、たくさんのフル&ハーフマラソンの大会が開催されています。予定や参加したい距離に合わせて、是非ハワイでのランニグイベントに参加して、普通のハワイ旅行とはまた違うハワイ旅行を楽しんでくださいね!

2010年10月14日 公開
2015年12月13日 更新
2017年10月18日 更新