ハワイでバス・フィッシング!!
en-US

ハワイでバス・フィッシング!!

2011年7月5日   Number of views (11201) 

アロハ!A-1です。

ハワイで釣りというとボトムフィッシングとかトローリングが有名ですが、ハワイで淡水魚の釣りができるのご存知でしたか?

釣り好きのA-1としてはしばらくぶりとなるオアフ島ウィルソン湖でのバス・フィッシングに行ってきました。
 

 

昔からの知人でもあるアウトドアクエストのチノさんは、この道一筋12年(言いすぎかな)。

このウィルソン湖でバスフィッシングのツアーを最初に初めた人でもあるのです。

朝7時に湖で待ち合わせをするとトレーラーに載せたボートとともにチノさんが登場。(ツアーのお客様はもちろんホテルからの送迎サービスがついています。)

ツアーは、半日と終日がありますが、やはり魚は朝一番が一番食いつきがよいそうなので午前は必須ですね。

 

バス釣りのタックル(道具)ももっていないのですが、竿やルアーなども全部準備してくれているので道具の心配も全く必要ありませんでした。

ボートを湖に浮かべ早速ポイントへ。

大きい船外機付のバスボートは予想以上のスピード感があって、もうこれだけで楽しくなりますね。

ポイントも熟知しているチノさんなので、非常に安心で頼りになります。

さて、最初のポイントです。

なんかバスたちが小魚を追っかけて、水面がバシャバシャしています。

僕も日本にいたころ子供のころはよく相模湖へ、大人になってからは河口湖なのでバスフィッシングを楽しんだ経験はありますが、今回のように水面がバシャバシャしているなんて見たことがありません。

これは、入れ食いの予感!!

かといってすぐにかかるわけではないのですが、その後いくつかポイントを変えて何投かしているうちにヒット!!

ようやく一匹目が釣れました。ちょっと小さ目ですがラージバス。この大きい口にがっちりルアーのフックが食い込んでいます。

もちろん釣ったらすぐにリリース。また次に釣るまで大きく育ってねと勝手な願いを込めて湖に戻します。

今回は半日パターンだったのですが、その後2匹ラージマウスを釣らせてもらい終了。

フックはダブルフックと言って3本バリを2本バリにしていたり、ゴミや水草がたまっている上にルアーを投げたりと知らないこともたくさん教えてもらって、釣り好きとしてはたくさんのアドバイスと面白さも教えてもらいました。

お客様は、本当の釣り好きもいればハネムーナーなどのカップルもすごく多いとか。子供でもルアーが投げられるのであればとても楽しい思い出になると思いますよ。

具体的なツアーの内容や、最近の釣果、また予約に関してはアウトドアクエストこちらのウェブサイトで直接ご確認、お申し込みください。