ホエールウオッチングも楽しめる「マウイ・オーシャンフロント・マラソン2020」
en-US

ホエールウオッチングも楽しめる「マウイ・オーシャンフロント・マラソン2020」

2020年1月21日   Number of views (2962)  マウイ・オーシャンフロント・マラソン

Aloha!Davidです。

今年もやってまいりました「マウイ・オーシャンフロント・マラソン2020」が、1月19日(日)に開催されました。

今年で12回目となる本大会に全種目あわせて総勢約1650名のランナーたちが参加されました。

今回はこの大会をレポートします。

パケットピックアップ

パケットピックアップ

レース大会前日のパケットピックアップ会場はベストウェスタン・パイオニアイン。

参加者はここで自分のゼッケンと大会記念T-シャツを受け取ります。

スポナビハワイのサポートデスクも会場内にございます。

レースについて

マウイ島のパワースポット?運が良ければクジラも見える。絶景のオーシャンフロント「マウイ・オーシャンフロント・マラソン2019」

そして翌日、フルマラソンの参加者でカアナパリ、ラハイナに宿泊している方はスタート地点まで大会主催者の無料シャトルバスを利用します。

フルマラソンのスタートは朝5時。

6時30分ごろまでは真っ暗です。

フルマラソンに参加する場合は必ずヘッドライトが必要です。

途中、8マイル(13キロ)か10マイル(16キロ)地点のエイドステーションでヘッドライトをドロップオフできる場所があり、フィニッシュエリアまで運んでくれます。

そして、この時季の朝は少し寒いです。。。

ウェーブサイン

ハーフマラソンはゼッケン番号順にウェーブABCとわかれており5分間隔でスタートします。

ウェーブがあるとランナーは混乱しがちですが、サインを持ったボランティアが誘導してくれるので安心です。

レーススタート

この大会は種目が6種類あり、スタート時間・場所が各々異なります。

ハーフマラソンと10Kmのスタート地点は全種目のゴール地点でもあるカメハメハ・イキ・パーク。

うっすら明るくなりかけた6時35分にハーフマラソンがスタート!

ラナイ島バック

この絶景のオーシャンビューから見える島はラナイ島。

運が良ければ、クジラも見えますよ。

マウイ島のパワースポット?運が良ければクジラも見える。絶景のオーシャンフロント「マウイ・オーシャンフロント・マラソン2019」

ここでハーフマラソンは折り返します。

分岐には必ずサインがあるので安心です。

エイドステーション

エイドステーションでは、毎年サッカーチームなどの地元の方たちがお手伝いをしてくれています。

子供たちも一生懸命お手伝い、飲み物を提供してくれています。

ランナーを癒してくれるオアシスです。

個人的にはハワイのマラソン大会ではこの大会のエイドステーションの演出が一番好きで、マウイ島の雰囲気を味わえて何より子供たちがとても可愛いので、一押しです。

ゴーーーール!

ゴール

そしてゴール。

今年も様々なゴールシーンがありました。

表彰

表彰

フルマラソンの総合優勝のトロフィーと入賞のメダル。

リフレッシュメント

大会参加者はゴール後に無料でマッサージを受けることができます。

リストに名前を記入して順番待ちをしている間に、リフレッシュメントで身体を癒したり、結果が壁に貼り出されるので、タイムや入賞したかどうかも確認もできます。

日本語受付

マウイ島のパワースポット?運が良ければクジラも見える。絶景のオーシャンフロント「マウイ・オーシャンフロント・マラソン2019」

慣れない海外のイベントに参加するのは、少し不安。

「どうやってエントリーすればよいか、わからない」「ちゃんとエントリー出来たのか、わからない」など、さまざまな問題や障害が出てきます。

それだけでなく「実際にエントリーされていない」「種目が違う」「名前が間違っている」「タイムが出ない」など、様々なトラブルが起こる場合もありますよね。

スポナビアシスト経由でお申し込みいただければ、そのようなトラブルが起きないようサポートいたしますので、ぜひご利用くださいね。


2019年1月23日公開
2020年1月21日更新