ハワイでボランティア!160kmを走る過酷なウルトラ・トレイルラン「ハート100 (HURT100) 2018」
en-US

ハワイでボランティア!160kmを走る過酷なウルトラ・トレイルラン「ハート100 (HURT100) 2018」

2018年2月8日   Number of views (2207)  トレーニングHURT100

Aloha! スポナビハワイ・レポーターのアンナです。前回は「ラニカイジュース・ラン・クラブ」をご紹介しました。

今回は、超過酷なトレイルランレース「ハート100 (HURT100) 」にボランティアとして参加してきたので、大会の雰囲気をレポートします。

まずは、「ハート100 (HURT100) 」について

世界で最も過酷なトレランレースの一つ「ハート100(HURT100)」

今年は1月13日、14日に開催された「ハート100 (HURT100) 」は、制限時間36時間以内に100マイル(約160km)を走破する過酷なレース。

レースが行われる場所はホノルル市内、ワイキキからも車で20分ほどの場所に位置するマキキ・バレーの亜熱帯雨林の山の中。トレイル内に設けられた32kmのコースを選手は5周しなければなりません。

平坦な道を160キロですら想像がつきませんが、舞台は足元も悪く木の根っこがゴロゴロを生えた山道、かなりハードです。全米でもトップ3に入るほどの過酷なレース、世界中からトレイルランナーが集まります。

ボランティアとしての参加

ハワイでボランティア!160kmを走る過酷なウルトラ・トレイルラン「ハート100 (HURT100) 2018」

選手として出場するのは厳しいのですが、でも一目見てみたいという気持ちから今回は、ボランティアとして参加しました。

お手伝いしたパラダイス(Paradise Park)では、選手の応援団とボランティアでにぎわっていました。

私は冷たいタオルを配る係に任命され、選手たちを待ちます。2周目(64km)を終える選手が、ぞくぞくと帰ってきます。

ハワイでボランティア!160kmを走る過酷なウルトラ・トレイルラン「ハート100 (HURT100) 2018」

選手がやってきました!写真のように選手が来たら、何が必要かを聞いて、素早く提供しなくてはいけません。

他のボランティアの人との連携プレーが素早いサポートのカギです。私も足を引っ張らないように必死に動きました(いい英語の練習になりました)。

エイドステーションを選手が出発するときは、みんなで明るい声援で送り出します。

日本人の方も参加されていて、日本語も役に立ってよかったです。

ハワイでボランティア!160kmを走る過酷なウルトラ・トレイルラン「ハート100 (HURT100) 2018」

エイドステーションの食べ物は、1枚の写真には入りきらないほどテーブルにずらーっと並んでいます。

なんとこれ全て手作りなんだそう!この大会とランナーたちへの愛を感じました。

またこの大会は海賊がテーマ。ボランティア達は海賊にちなんだコスチュームを着て大会を盛り上げます。

木にはスカルが吊るされていたり、暗くなるとさらに雰囲気が出ていて素敵でした。

ハワイでボランティア!160kmを走る過酷なウルトラ・トレイルラン「ハート100 (HURT100) 2018」

6時間のボランティアですべてのランナーを、速い人たちは2回もサポートすることができました!

ボランティアといういつもとは違ったレースへの参加で、大会ひとつひとつが多くの人に支えられて運営されていることを実感することができました。

常にサポートしてくれる方々に感謝の心を忘れずにレースに参加しようと思います。

また「ハート100 (HURT100) 」のように選手として出場するのにはハードルが高いというレースにもボランティアならば気軽に参加することができますね。

新しいスポーツへの入り口として実際に選手と触れ合い、間近で見ることのできる絶好の機会になります。

私も「ハート100 (HURT100) 」を見たらトレイルランに挑戦してみたくなったので、まずは4月のタンタラス7マイル申し込んでみました。トレイルランの練習も頑張ります!

オアフ島で最大のトレイルランイベント

広大な渓谷、そして大自然の絶景が広がる、エクステラ・クアロア・ランチ・トレイルラン2017!

毎年12月には、オアフ島最大の「エクステラ・クアロア・ランチ・トレイルラン」がクアロア牧場で開催されます!

この大会は、XTERRA(エクステラ)トレイルラン・ワールド・チャンピオンを決定する大会ですが、21Kのほか、10Kや5Kなど初心者でも参加しやすいカテゴリーもあるので、ハワイの大自然の中を走ってみたい方にはおすすめのイベントです。ご興味のある方は、是非!!


松﨑 杏奈

スポナビレポーター 松﨑 杏奈
早稲田大学政治経済学部在学、2017年8月よりハワイ大学マノア校に留学中。 中高では陸上競技部で投擲に打ち込み、大学入学と同時にトライアスロンを始める。 ハワイではトライアスロンやマラソンを完走し、今後もレースに出場予定。放課後と週末の練習を楽しみに勉強にも励み、文武両道を目指す。 学生のうちに達成したい目標はironman完走!