コースの90%がオーシャンフロント!絶景コースを走る「マウイ・オーシャンフロント・マラソン2018」
en-US

コースの90%がオーシャンフロント!絶景コースを走る「マウイ・オーシャンフロント・マラソン2018」

2018年1月24日   Number of views (1686)  マウイ・オーシャンフロント・マラソン

Aloha!Davidです。今年もやってまいりました「マウイオーシャンフロントマラソン2018」が、1月14日(日)に開催されました。今年で10回目となる本大会に全種目あわせて総勢約1400名のランナーたちが参加されました。今回はこの大会をレポートします。

マウイ・オーシャンフロント・マラソン2018

レース大会前日のパケットピックアップ会場はベストウェスタン・パイオニアイン。参加者はここで自分のゼッケンと大会記念T-シャツを受け取ります。スポナビハワイのサポートデスクも会場内にございます。

マウイ・オーシャンフロント・マラソン2018

そして翌日、フルマラソンの参加者でカアナパリ、ラハイナに宿泊している方はスタート地点まで大会主催者の無料シャトルバスを利用します。まだ真っ暗なので、星がとっても綺麗なんです。

マウイ・オーシャンフロント・マラソン2018

レース前に伝統的なホラ貝吹き。こういう「ちょっとした演出」は、ハワイらしくていいですよね。毎年ローカルのアーティストが描く大会記念Tシャツですが、今年は男性がホラ貝を吹いているデザインです。

マウイ・オーシャンフロント・マラソン2018

この大会は種目が6種類あり、スタート時間・場所が各々異なります。ハーフマラソンと10Kmのスタート地点は全種目のゴール地点でもあるカメハメハ・イキ・パーク。うっすら明るくなりかけた6時30分にハーフマラソンがスタート!ランナーが続々と走り出します。

マウイ・オーシャンフロント・マラソン2018

文字通りの「オーシャンフロント」マラソン。この絶景のオーシャンビューから見える島はラナイ島。壮大な景色がランナーの疲れを癒し、背中を押してくれます。

マウイ・オーシャンフロント・マラソン2018

途中の給水所では、毎年地元の方たちがお手伝いをしてくれています。子供たちも一生懸命お手伝い、飲み物を提供してくれています。ランナーの癒しのスポットですね。

マウイ・オーシャンフロント・マラソン2018

ゴール地点では完走者にメダルを贈呈しています。ゴールの喜びとダブルでうれしい瞬間です。選手たちの「やり切った」感じ、いつ見ても素晴らしいです!

マウイ・オーシャンフロント・マラソン2018

大会参加者はゴール後に無料でマッサージを受けることができます。リストに名前を記入して順番待ちをしてる間に、リフレッシュメントで身体を癒したり、地元ミュージシャンの音楽を聴いてリラックスしたりと、フィニッシュエリアは今年も賑わっていました。

マウイ・オーシャンフロント・マラソン2018

もちろんスポナビハワイでエントリーいただいた皆様は、スポナビハワイのテントでくつろいでいただきます!

マウイ・オーシャンフロント・マラソン2018

この大会で100番目のハーフマラソン、アメリカ50州制覇を同時に達成した女性がゴール。50歳の誕生日も同じ週末とのこと。「フィフティステイトハーフマラソンクラブ(Fifty State Half Marathon Club)」というランニングクラブでメンバーを募集しているので、興味のある方は挑戦してみては?

マウイ・オーシャンフロント・マラソン2018

今大会フルマラソン1位の男性はバンクーバーから来た日本のヤマムラタダシさんでした。おめでとうございます!種目別・年代別の入賞者には素敵な楯、マラソン・ハーフマラソン男女それぞれ1位の4名には写真でヤマムラさんがお持ちしている大会オリジナル像が贈呈されます。記念品のデザインはとてもカッコよくて好評でしたよ!皆様もマウイオーシャンフロントマラソンに参加して、入賞記念品をゲットするのを目標にしてみてもいいかもしれませんね。

スポナビハワイのサービス

マウイ・オーシャンフロント・マラソン2018

慣れない海外のイベント参加するのは、少し不安。「どうやってエントリーすればよいか、わからない」「ちゃんとエントリーで来たのか、わからない」など、さまざまな問題や障害が出てきます。それだけでなく「実際にエントリーされていない」「種目が違う」「名前が間違っている」「タイムが出ない」など、様々なトラブルが起こる場合もありますよね。スポナビアシスト経由でお申し込みいただければ、そのようなトラブルが起きないようサポートいたしますので、ぜひご利用くださいね。