目指せ未来のプロゴルファー!PGA A級コーチが教える夏のユース・ゴルフ・キャンプ
en-US

目指せ未来のプロゴルファー!PGA A級コーチが教える夏のユース・ゴルフ・キャンプ

2014年9月2日   Number of views (3575)  トレーニングゴルフ

 
 

Aloha! Daisukeです。
長い夏休みが終わり、学校では2学期が始まりましたね。子供達はたくさんの良い思い出を作られたかと思います。スポナビハワイでは、この夏も人気のスポーツを中心にさまざまなユース向けキャンプを開催致しました。今回は今年からアラワイ・ゴルフ・コースに場所を移して行われたゴルフキャンプの模様をお届け致します。

目指せ未来のプロゴルファー!PGA A級コーチが教える夏のユース・ゴルフ・キャンプ

アラワイ・ゴルフ・コースは世界的な観光地ワイキキから程なく近く、世界一忙しいゴルフ場として有名です。ダイヤモンド・ヘッドをバックに、インストラクターのチエさんとにこやかに映っているのは北海道から参加のダイスケ君リコちゃん兄妹。ダイスケ君、11歳にして格好が仕上がっています!カッコいい!

ゴルフをはじめた切っ掛けは、お父さんのゴルフを見ていて楽しそうだったから。リコちゃんはお兄ちゃんがやっているから(可愛い)。

目指せ未来のプロゴルファー!PGA A級コーチが教える夏のユース・ゴルフ・キャンプ

ゴルフは嗜み程度というオシャレなお母さんが見守る中、早速レッスンスタート。まずは現在のスイングチェックから。

ゴルフ歴4年、ジュニアの大会にも参加するダイスケ君はスムーズなスイング。素人目には十分だと映りましたがチエさんからは「腰の動かし方が悪くパワーが足りない。」との指摘が。

目指せ未来のプロゴルファー!PGA A級コーチが教える夏のユース・ゴルフ・キャンプ

もしかして…、とチエさんが左右でボールを投げさせてみると、ゴルフのスイング時とは反対側、左で投げた方が力強い球が!聞けばダイスケ君はもともと左利きだそうです。お母さんに話を聞くと、日本のゴルフ事情(左打ち打席が少ない、クラブの選択肢が狭いなど)で最初から右打ちで始めたそうです。

試しに左打ちのクラブで先程と同じくインパクトバッグを打ってみると…、
全然違う!
腰のキレが違う!!
パワーが違う!!!
さすがチエさん、長年ジュニアも含めてゴルフを指導してきた眼力ですね(ビックリ)。

今後もゴルフを続け、学生、そしてプロを目指すのであれば絶対に今からでも左打ちに変えるべきとチエさんがアドバイス。すぐには結論を出せない問題なのでお父さんの判断待ちということになり、取り敢えず今回は右打ちでレッスンを続けることに。

目指せ未来のプロゴルファー!PGA A級コーチが教える夏のユース・ゴルフ・キャンプ

一方リコちゃんは正真正銘の右打ち。まだ始めて3ヶ月ほどとの事ですが、やはり身体が柔らかくてしなやか。教えた事をすぐに吸収してチッピングもバシバシ寄せます。経験が少ない割にはフルスイングもしっかりしていて、お兄ちゃん以上の才能があるのでは!?と感じさせます。

目指せ未来のプロゴルファー!PGA A級コーチが教える夏のユース・ゴルフ・キャンプ

さて迎えたキャンプ3日目。
何とお父さん登場!
そしてダイスケ君が左打ちに!?

実はキャンプが行われた週末は、ハワイにハリケーンが襲来。予め日程を1週ずらし、遅れてハワイ入りしたお父さんの希望で予定していたラウンドレッスンは行わず、あらためて左打ちのレッスンをする事になりました。既に左打ちのクラブセット購入済みです…(熱心) チエさんが録画した左右打ちの様子を見て、左打ちの可能性を確かめてみたかったそうです。

目指せ未来のプロゴルファー!PGA A級コーチが教える夏のユース・ゴルフ・キャンプ

傍らから見守っていたお父さんも気が付けばレッスンに参加。「休みに来たんじゃないぞ。」と熱心に指導に加わり、最終的には自分でも左で打ち出しました。お父さんも中々の腕前なのですが、そうそうまともに当たりません。ダイスケ君は左打ちの感覚に戸惑いながらも力強いショットが打てています。

目指せ未来のプロゴルファー!PGA A級コーチが教える夏のユース・ゴルフ・キャンプ

専用の練習場に移動してのチッピングの練習。チッピングって本当に重要で難しいですよね。ドライバーやアイアンのミスは「あ~!」とか思いつつこんな事もあるかって感じですが、チッピングのミスは心理的ダメージが大きい!寄せワンが狙えそうな距離からトップとかダフリとか…。でもダイスケ君やリコちゃんのショットを見ているとそんな心配は無用な感じでボンボン打っていきます。子供の吸収力って凄いなぁ。

目指せ未来のプロゴルファー!PGA A級コーチが教える夏のユース・ゴルフ・キャンプ

最後にパター練習で仕上げです。これからは兄妹で向かい合って練習することになるのでしょうか。でも感覚を大切にするパターは右打ちでも良いそうです。実際そういうプロも居ますし。