映画スターになってクアロアの大自然を駆け抜ける!エクステラ・トゥルーリーハワイ トレイルラン2016
en-US

映画スターになってクアロアの大自然を駆け抜ける!エクステラ・トゥルーリーハワイ トレイルラン2016

2016年6月23日   Number of views (2248) 

2016年6月19日(日)オアフ島クアロア牧場にて、第一回エクステラ・ランスター・トレイルランが開催されました。今回はオアフ島のマラソン大会にほぼ毎週参加しているKengoがスポナビレポーターとして20Kに参加、ランナー目線でレポートします。今回も総合入賞を目標に頑張りました!

イベントの紹介

映画スターになってクアロアの大自然を駆け抜ける!エクステラ・トゥルーリーハワイ・トレイルラン2016

第一回目となるこの大会、日本からも大手旅行会社がパッケージツアーを用意して参加者を募るなど、ハワイの自然を楽しめるトレイルランは、やはり魅力的なのですね。距離は5K、10K、20K、30Kと選べ、5Kと10Kが初心者向け、20Kと30Kが中級から上級者向けでファンランから本気モードのランナーまで楽しめる大会です。主催者であるエクステラは、世界中でオフロード・トライアスロンとトレイルランの大会を主催している団体です。

そしてクアロア牧場では、毎年12月の第一日曜日にエクステラ・トレイルランのチャンピオンシップが行われ、世界中からエリートトレイルランナー達が集まり、賞金をかけて競い合います。そしてこの大会は2016エクステラ・ハワイ・トレイルラン・シリーズの一つでもあり、結果はエクステラのポイントランキングに加算され、シリーズ終了後にシリーズチャンピオンが選ばれ、各年代別のチャンピオンは9月にユタ州で開催されるチャンピンシップ大会への無料出場権が得られます。

映画スターになってクアロアの大自然を駆け抜ける!エクステラ・トゥルーリーハワイ・トレイルラン2016

ここクアロア牧場は「ジュラシックパーク」や「ゴジラ」、1960年代のエルビス・プレスリー主演映画など、数々の映画撮影でも有名な場所で、今大会のコースは撮影で実際に使われたスポットを、あなたも映画のスターになった気分で走りましょう!というのが醍醐味です。

レース前の準備

映画スターになってクアロアの大自然を駆け抜ける!エクステラ・トゥルーリーハワイ・トレイルラン2016

普段だと僕は一番長い距離の30Kを選ぶのですが、一週間後にコナマラソン(42.195km)を控えているので、今回は20Kを走ることに。トレイルランは普通のロードよりも不慣れな為、通常よりもダメージが大きいですし、ここは自重して短めに。トレイルランはコースにもよりますけど、トレイル用のシューズで走るのがやっぱりベストではないでしょうか。僕も先週のトレイルレースで痛い目にあったので、トレイルシューズを用意しました。

映画スターになってクアロアの大自然を駆け抜ける!エクステラ・トゥルーリーハワイ・トレイルラン2016

あと、ここハワイでのトレイルランに欠かせないのが、手に通して持てるようになっているランニング用のウォーターボトル、または背中に背負うタイプのもの。トレイルランの大会の場合、ロードレースと違い給水所が少なめなうえ、ロードレースよりも遅い時間にスタートし、過酷なコースに加え気温も上昇しているので、給水が間に合わないと脱水になってしまいます。

その他の準備に関しては、ロードレースと同じでいいと思います。距離によってはエネルギー補給も必要になるので、ハワイ(アメリカ)の大会では基本的にコース上での給食はありませんから、各自必要に応じて携帯する必要があります。

映画スターになってクアロアの大自然を駆け抜ける!エクステラ・トゥルーリーハワイ・トレイルラン2016

トレイルランで不安なのが、コース上で道に迷わないかです。前日、大会ホームページ上に公開されていたコースマップをおさらいし(トレイルなので、ただの落書きの線にしか見えないものですけど、道順を覚えるのには十分。)、寝る前にYouTubeでクアロアのトレイルランイベントの映像を見て、新しいトレイルシューズを履き、準備万全で現地へ向かいます。

レース当日、そしてスタート!

映画スターになってクアロアの大自然を駆け抜ける!エクステラ・トゥルーリーハワイ・トレイルラン2016

レース当日、夜明け前の早朝5時半ワイキキ、スポナビハワイ送迎サービスのスクールバスに乗ってクアロアへ向かいます。バスに揺られること約1時間、予定通り6時半に現地に到着しました。今回の参加者数約600人。自然が美しいカアアアバ・バレー。この渓谷の中を走ります。

現地に到着してからまず確認したかったのが、正解な「給水所の数」と「コース」。この二点はランナーにとってすごく重要です。給水所が怪しかったので、やっぱり用意していたボトルを持って走ることにしました。もう片方の手にはスマホなので、両手が埋まってのトレイルランになりますが、安全面上あまりお勧めしません。

映画スターになってクアロアの大自然を駆け抜ける!エクステラ・トゥルーリーハワイ・トレイルラン2016

20Kと30Kは7時30分に同時スタート。エルビスがスタート前にポーズ。雨も止み、曇の合間から日が差します。気温は25℃くらい。20Kと30Kは同時スタートで、20Kまでは全く同じコースを走るので、誰が自分と同じ20Kを走るのか把握しておきたいところです。

映画スターになってクアロアの大自然を駆け抜ける!エクステラ・トゥルーリーハワイ・トレイルラン2016

いよいよスタート、最近全く見かけなくなった本物の号砲(騒音のためロードレースでは殆ど使われなくなりました)が鳴ります。直前に「うるさいですよ、耳をカバーして」と警告されましたけど、冗談抜きで鼓膜破れそうな衝撃でした。

レース序盤

映画スターになってクアロアの大自然を駆け抜ける!エクステラ・トゥルーリーハワイ・トレイルラン2016

先頭を切って走っていると、いきなり目の前でゲートが閉まっていて行き止まりに。後続もすぐに追いつき、みんなで足止めに。チェーンを外してゲートを開けて抜けるのに15秒くらいかかったでしょうか。解き放たれたようにランナー達がゲートから出て行きます。ただひたすら案内通りに青い目印を追って走り、ループするコースなのでスタート地点に戻ります。

映画スターになってクアロアの大自然を駆け抜ける!エクステラ・トゥルーリーハワイ・トレイルラン2016

そして道に迷いそうになっていた僕の前に、一人のランナーが現れます。スタート前は何人かに「Kengoが優勝だね」なんて言われていましたが、ここにきてライバル出現で面白くなってきました。上半身ガッチリの彼に先頭をリードしてもらうことに。

コース中盤

映画スターになってクアロアの大自然を駆け抜ける!エクステラ・トゥルーリーハワイ・トレイルラン2016

ジュラシックパークの中で、主人公たちが草原を走る恐竜たちから身を守るためにうずくまっていた時の木が出てきました。記念撮影している人達もいます。道に迷うのが心配と言いながら、渓谷の中心部辺りから、登りが始まった頃にまた自分が先頭へ。とにかく青の目印を追い、淡々と走り続け、しばらくすると久しぶりに給水所が。周回する部分では二カ所の給水所があり、エナジージェルもあります。

映画スターになってクアロアの大自然を駆け抜ける!エクステラ・トゥルーリーハワイ・トレイルラン2016

コース上で恐竜を発見。レース関係者と思っていたら参加者だったようで、実は参加者だったらしくこの着ぐるみのままゴールしていました。

映画スターになってクアロアの大自然を駆け抜ける!エクステラ・トゥルーリーハワイ・トレイルラン2016

コース上には映画のスター達も応援してくれ、写真撮影にはぴったり。スタートで見かけたエルビスやゴジラ、マーメード。そしてマリリンモンロー、アナ雪のエルサ、ジャックスパロウもいます。

映画スターになってクアロアの大自然を駆け抜ける!エクステラ・トゥルーリーハワイ・トレイルラン2016

途中、結構シングルトラックトレイルになっているところもあり、先を行くランナー達を抜くのに神経を使います。気が付いて横に避けてくれる人もいれば、ヘッドホンをしていて全く気配に気づかない人もいます。ロードレースでは安全の為、ヘッドホン着用は推奨していませんが、トレイルでも同じことが言えるかもしれないですね。

映画スターになってクアロアの大自然を駆け抜ける!エクステラ・トゥルーリーハワイ・トレイルラン2016

20Kの二周目は渓谷のさらに奥へと進みます。折り返して坂を下り、間もなくするとまた最初に道を間違えた分岐点へ。ここは結構登りがきつかったポイント。

映画スターになってクアロアの大自然を駆け抜ける!エクステラ・トゥルーリーハワイ・トレイルラン2016

途中道に迷ってはぐれたのですが、今回30Kの男子と女子で優勝することになるランナーに追いつきます!

映画スターになってクアロアの大自然を駆け抜ける!エクステラ・トゥルーリーハワイ・トレイルラン2016

また、コース上にはトレイルランの醍醐味ともいえる?このような小川越えが三回ほどあります。

フィニッシュ

映画スターになってクアロアの大自然を駆け抜ける!エクステラ・トゥルーリーハワイ・トレイルラン2016

最後の5キロは、ゴールまではずっとシングルトラックトレイルが続きフィニッシュ。すぐにスポナビテントに行き、預けていた荷物からリカバリーを早める為に用意していた、アミノバイタルゼリードリンクを取り出して飲みます。スポナビテント、こういう時に便利ですね。

映画スターになってクアロアの大自然を駆け抜ける!エクステラ・トゥルーリーハワイ・トレイルラン2016

ゴール近くで休んでいると、レース序盤リードしてくれていた上半身ガッチリの彼が声をかけてくれました。彼は1時間30分台でゴールしたらしく、僕がゴールしたのは42分くらいだったので、やっぱりこれはもう総合入賞はないなと諦めていました。そして、レース結果を見てみると、なんと僕は総合2位!

フィニッシュ後のお楽しみ

映画スターになってクアロアの大自然を駆け抜ける!エクステラ・トゥルーリーハワイ・トレイルラン2016

カイルアのプレートランチ屋さんがフードワゴンを出していて、スポナビで申込みをすると、そこで使えるお食事クーポンが付いていたので、カルアポークプレートをチョイス美味しかったです!レース後のがっつりランチ。走った後というのもあり、全部食べれませんでしたが、ちょうどお昼時だったのでありがたいですね。

映画スターになってクアロアの大自然を駆け抜ける!エクステラ・トゥルーリーハワイ・トレイルラン2016

そのほかリフレッシュメントも充実していて、スイカやチップス、バナナだけでなくスナックやコーヒー。さらにビールまでありました!

大会を振り返り

映画スターになってクアロアの大自然を駆け抜ける!エクステラ・トゥルーリーハワイ・トレイルラン2016

今大会を振り返ってみて、ファンラン要素の高い大会だなと感じました。ほとんどの参加者は5Kと10K。渓谷の緑は美しく、ハワイの自然そのままを感じ取れるコースでした。20Kと30Kは上級向けとなっていましたが、コース変更のためか、実際のハードルは低く、トレイルシューズでなくとも走れるものでした。

映画スターになってクアロアの大自然を駆け抜ける!エクステラ・トゥルーリーハワイ・トレイルラン2016

会場では親御さんたちがレースに参加している間、お子様が退屈しないようキッズコーナーも設けられていました。

映画スターになってクアロアの大自然を駆け抜ける!エクステラ・トゥルーリーハワイ・トレイルラン2016

会場には、フォトフレームも用意されており、映画を舞台にしたイベントならではの楽し気な雰囲気。友達や家族と参加されて楽しんでいる方々も多く、仮装ランナーもたくさんいて盛り上がっていました。

このように大々的に行われるトレイルランがこれからも増えていくといいですね。そして、今回第一回目ということでさまざまな課題もあったかと思いますが、今後もぜひ期待したいイベントですので、来年みなさんも参加してみてはいかがでしょうか?また、今年の年末もエクステラ・クアロア・ランチ・トレイルラン2016が開催されます。こちらの大会も多くの人たちで盛り上がる大会なので、興味がある方はぜひご参加くださいね。