en-US
 


1964年イリノイ州生まれ、テキサス州立大卒。1993年にマウイ島へレスリングコーチとして移住し、2004年からオアフ島在住。ナイキタウンや24HRフィットネスなどのインストラクターを務め、現在はチームジェットをはじめハワイのあらゆるランニングクラブで指導。また2010年に非営利団体ハワイ・ランニング・プロジェクトを設立。ランニングキャンプ(合宿)によるエリート選手の育成だけでなく、ハワイの地元の人たちの健康を促進する(肥満を減らす)ため、多くのコミュニティーでランニングが健康に良いという啓蒙活動を行っている。
Q. ランニングを始めたきっかけは?

A. 12歳からレスリングを始めて高校、大学まではレスリングの選手だったんだ。その他に水泳やサイクリング、水上スキーなんかもやってスポーツは大好きだったね。でもランニングは実はあまり得意じゃなかったんだ。中学生の時に出場したクロスカントリーの大会でビリから2番目になって走ることが嫌いになり、その後大人になるまで実はまともに走ったことがなかった。でも32歳の時にハワイ島で開催されたアイアンマンの大会を偶然見て感動し、自分も出たくなって不得意だったランニングを始めたんだ。その翌年にはテキサス州でハーフアイアンマン、さらにフロリダ州でアイアンマンに出たよ。それからは病みつきで毎年コンスタントに大会に出るようになって、とうとう2006年にはハワイの46レースすべてに出たりしたんだ。
Q. 走ることの魅力は?

A. 普通の人は、走り始めの時に「速く走らなくちゃ」と考えて、頑張るだろう。それで距離を走れなかったり速く走れない自分に気が付き、疲れてしまって続かない。僕のコンセプトは"Happy Running(楽しく走ろう)"なんだ。だからいつも「最初から飛ばすなっ!」て言うんだ。ゆっくり走って何か楽しいことを探すとか、ちょっと郵便局に行くぐらい走ってみようとか…。近所のスーパーだって、図書館だって、友達のうちに行くのだって軽く走って行くんだ。ハワイには近くにビーチや公園、ダイヤモンドヘッドだってあるんだから、楽しく走るにはもってこいだよ。ランニングシューズさえあれば、どこにでも行けるさ。
ハワイ・スポーツの達人:デービッド・カールソン
Q. 好きな大会とその理由は?

A. あまり知られてないんだけどカイルア・ビーチラン・5マイルというのがあるんだ。砂の上を走るんだけど、もう4回も優勝したから好きなのかな。あとハワイ島ヒロの街からキラウエア火山まで走る50キロのウルトラレースも好きだな。これも3回優勝したよ。10月に開催されるタンタラス10マイラーや、シンプルだけどハイビスカス・ハーフマラソンは好きだよ。それからビッグ・アイランド・インターナショナル・マラソンもすごく美しいコースだよね。
Q. 好きなジョギング・トレーニングコースはどこ?

A. 日本のランナー向けにワイキキ近辺だとすると、アラモアナ・ビーチ・パーク方面かな。ワイキキからビーチに抜けてヒルトンホテルまでの遊歩道やラグーン、そしてマジックアイランドを周って帰ってくるコース。だいたい7~8キロだけど、ハワイにいることを感謝したくなるぐらいのコースだね。他は、カピオラニ公園だったりダイヤモンドヘッドの周りだったり。もしトレランが好きだったらマノアフォールズのトレイルは近いし、迷いようがないぐらいシンプルだからお薦めかな。タンタラスのトレイルはいいコースだけど、初心者は迷いやすいから気を付けた方がいいかもね。
ハワイ・スポーツの達人:デービッド・カールソン
Q. ハワイ・ランニング・プロジェクトってどんな活動をしてるの?

A. 一番のゴールは、ハワイの人のための健康プロジェクトかな。具体的にいうとハワイの人たちの肥満率は決して全米平均と比べると悪くないんだけど(昨年は50州中45位)、その平均そのものが昔に比べるとすごく悪くなっている。20年前は平均10%だったのが今ではもう23%。だからハワイ中にどんな形であれ、大なり小なりランニンググループを作ろうという運動をしているんだ。また今スポンサーを集めようとしているんだけど、ランナーズ・ハレというランナーのための合宿用宿舎を作って、一緒にトレーニングしたりレースに出場したり、栄養学を学んだりできるプロジェクトを考えている。なかなか難しいけどね。とにかく僕はランニングへの愛を一人でも多くの人と分かち合いたいんだよ。
Q. ハワイに遊びに来る日本人ランナーに何かアドバイスはある?

A. 日本人だけじゃなくてあらゆる国から来る人にアドバイスするのは、一番が給水かな。とにかく乾燥しているから気が付くと喉が渇いている。走り始める前から水分補給のことを考えてほしいね。あとは日差しが本当にきついから、昼間走るんだったらキャップとかサングラスをして日焼け止めを必ず塗ること。早朝とか夕方に走るのがベストだね。それからどうせ走るなら地元のランニング・クラブの情報をゲットして一緒に走るのは、いろんな人とも知り合えるし、新しい情報なんかもゲットできるから楽しいんじゃないかな。とにかくHappy Runningだよ!
Q. 2012年の目標は?

A. 今年の目標は、ハーフマラソンなら1時間17分を出してみたいね。今までの自己ベストは1時間21分なので、ちょっとハードルは高いけど。フルマラソンは2時間40分台を出したいね。でもとにかく楽しむことさ!いろんな大会やランニンググループに出て、たくさんの仲間たちと一緒に常に楽しむことを目標としてるよ。
ハワイ・スポーツの達人:デービッド・カールソン
インタビュアー A-1談:

僕もデービッドがコーチをするチームジェットのランニング・トレーニングにここ数年参加。いつもきちんとトレーニングメニューを作ってくれて、レベル別また個人のフォームなどについても丁寧にアドバイスしてくれる。ウォームアップの大切さや給水の仕方、栄養は何を取ったらよいか、また故障したときにはどうすればよいかなど、速く走るためのアドバイスだけでなく、ランナーがとても役に立つ話もたくさんしてくれる。ランニングをこよなく愛し、ランニングを通じてハワイのコミュニティーにも貢献しようとするナイスガイだ。
主なレース結果:

2012
 ヒロ・ボルケーノ50Kウルトラマラソン優勝
2010
 ハイビスカス・ハーフマラソン優勝
2008
 ヒロ・ボルケーノ50Kウルトラマラソン優勝
2007
 ヒロ・ボルケーノ50Kウルトラマラソン優勝
 ホグスバック12時間耐久レース2位
 ハワイ・アスリートオブ・ザ・イヤー
ハワイ・スポーツの達人:デービッド・カールソン
ハワイ・スポーツの達人:デービッド・カールソン


ハワイ・スポーツの達人